2017年11月24日

2017年11月23日

1
きんしょくじ と読みます。

2

3
親鸞(しんらん)聖人が阿弥陀像を安置して再興した時、天女が下ってきて、蓮の糸で織った錦を献じたという奇端があり、錦織寺の寺名が付けられたといわれています。

4
阿弥陀堂

4b
御影堂の回廊。

4c

5
御影堂から見る阿弥陀堂。

6
御影堂から見る親鸞聖人像。

7
左側が御影堂です。

8
天安堂(毘沙門堂)

9
鐘楼

10


11

社務所付近の紅葉。  ↑はイチョウの葉が色づいてます。
12


毎年11月23日には、『錦織寺フェスタ』っていうお祭りがあります。
13
兵主太鼓や琴の演奏、踊りなど見ることができました。

地元の水産物(ふな寿司)や農作物(野菜・米)を売ってたり・・・

フリマがあったりします。
白井製麺のきつねうどんを食べました。お揚げが分厚いので驚きました。



2017年11月22日

放生池。池の中央には弁天島がある。
 DSCN6041

DSCN6044

DSCN6046

多宝塔。永観堂の中で一番高い位置にある建物。
二重塔で、上は円形、下は方形になっている。
DSCN6049

手前のもみじを画像にとりこんで撮影してみた。
DSCN6051

DSCN6057

茶席がありました。
DSCN6061

DSCN6065

イチョウの落ち葉で覆われてます。
DSCN6072

放生池。池の中央には弁天島がある。
水面が鏡のようになって映しこんでます。
DSCN6075

DSCN6079

DSCN6081

DSCN6083

DSCN6085

DSCN6090
20時半ころです。閉園間近ですが入園者が並んでます。
DSCN6091

DSCN6097

DSCN6102
望遠撮影は手ブレしやすいので難しいです。
DSCN6103


DSCN6105

総門を出てラストの一枚です。